キャリアカウンセリング、キャリア面談、キャリア研修・セミナー開催|就職・転職の他、働く上で必要な働きがいを支援|仕事・人間関係・働き方の悩み相談キャリア専門家

「~がない」コンプレックス を解消|キャリアカウンセリング後の感想・アンケート

| 0件のコメント


学歴や仕事経験、資格などキャリアの武器を持っていないことにコンプレックスを抱えている方へ。「~がない」コンプレックスを抱えた相談者が、キャリアカウンセリングを受けた後の気持ちの変化についてまとめた感想記事です。過去のキャリアを振り返ることで、「~がない」ということが思い込みだったことに気づき、コンプレックスが自信に変わっていきます。キャリアカウンセリングを受けたことがない方、キャリア相談しようか迷っているあなたのために、ぜひご参考にしてみてください。

 

あなたは現在、どのようなコンプレックスを抱えていますか?

コンプレックス

  • 学歴がない
  • 仕事経験がない
  • 業界経験がない
  • 資格がない
  • 自己表現力がない

など、「ない」ことへのコンプレックスは、時に自信をなくすだけではなく、自分自身を追い詰めてしまうことがあります。

今回の相談者も「~がないコンプレックス」に陥り、今後の方向性にさまようなかで相談に来られました。

 

キャリアカウンセリング後の感想・アンケート

以下の感想は、ご本人の同意を得て個人情報を伏せた上で公開しています。

 

「ホームページをみて、カウンセリング受けた方の感想みて、うつ病になる前にもっと早くこのサービスと出会いたかったと思いました。 中小、零細企業には産業医やカウンセラーはおらず相談出来る保健室的(学生時代の安心できる心の拠り所という意味です。不快でしたらすみません)な場はありません。

働き世代の人口不足、人手不足により1人辺りの仕事量や負担はこれからも増えると思います。キャリアコンサルタントが出来る方がもっと増えること、周知されることが急務ではないかと思いました。

ズーム内で嬉しかったことは

・私の大卒じゃないコンプレックス

・人事経験がない

という無い無いコンプレックスを解消してくれた事です。 悩んでいた職場のパートさんの愚痴を上司にいう度言われたのは君の忍耐力が足りない、伝え方が足りないの無い無いワードばかりでした。

自信を無くした私にとってキャリアコンサルタントの方が強みを見つけてくれた事、本当に感謝です。 自信を持って前に進みたいと思いました。 ありがとうございました。」

 

こちらこそ、思いきって相談申込頂きありがとうございました。コンプレックスだったことが自信に変わる瞬間は、とても前向きな姿勢・風を起こしてくれますよね。その風を味方にして、やりたいことに素直に向かう加速度もUPしていきます。周りからの指摘や心無い言葉で自信をなくすことよりも、今までご自身が得てきた経験値を自信に進むことは、豊かなキャリアを築くための大切な「気づき」です。

 

「~がない」コンプレックスを解消する方法

「~がない」コンプレックスは、私も経験があります。大学は卒業したけれど有名な大学ではないし、新卒時代は運転免許も何も資格を持っていませんでした。物覚えも悪いので、人の何倍も努力しないと経験が身につかないから、とにかくがむしゃらに目の前のことを取り組んだ新卒時代でした。

若いころは、自分の中でキャリアの武器を持ちたい!と思うものです。

  • 経験という武器を持ちたい
  • 知識豊富という武器を持ちたい
  • 資格取得という武器を持ちたい

そのような武器が自信になることは当然です。だからこそ、何も武器を持っていないことが、コンプレックスにつながっていきやすいといえます。

 

でも本当に

経験はないのでしょうか?

知識がないのでしょうか?

資格取得をしなければ、その仕事は成り立たないのでしょうか?

 

資格取得しなければ成立しない仕事は確かに存在します。例えば、宅建や弁護士などの仕事です。ただ一方で資格取得しなくてもできる仕事も存在します。例えば、私が現在おこなっているキャリアコンサルタント資格も、資格取得していなくてもエージェントなどの人材コーディネーターの仕事はできるし、悩み相談の仕事もできます。その場合、資格名はある意味周りからの信用・信頼など、周囲からの見られ方を意識したことと言えます。

 

一方で、知識や経験・資格取得をしていなくても、必要とされる、頼りにされる存在は、どのような違いがあるのでしょうか?

それはその人の個性、人となり、過去の経験から得られた仕事の取り組み方・工夫が周りから評価されているといえます。

 

例えば、今まで事務職しか経験がない方が営業職を目指したいという意志を持った方がいるとします。ただ事務経験しかないから、今から異業種の転職って未経験採用できる先はないのでは?と不安になりますよね。事務職という職種名で考えると営業との共通点は見えづらいですが、実際に経験していた事務のお仕事を細かく振り返っていくと、他部署との調整・連携役を担っていたり、備品発注の際に業者への対応をしていたりと、PC入力や電話対応以外の多岐な業務をしていたことに気づくことがあります。

 

他部署との調整・連携役や業者への対応という業務は、営業職でも必要な力です。

 

このように事務職、営業職という表面的な見え方ではなく、仕事の取り組み方など中身を振り返ることで、十分経験を培ってきたといえます。それをしっかり職務経歴書や自己PRに落とし込むことができれば、営業未経験でも過去の経験を活かして応用しながらやってくれそうという期待値に変わります。

「~がない」コンプレックスは、表面的な結果でしか見ていないから起こるものです。ご自身の経験を振り返ることで、コンプレックスは自信に変えていくことができます。

 

コンプレックスを自信に変えるために、キャリアカウンセリングを活用しよう

あなたが現在、働くうえでコンプレックスを抱えているようであれば、一度過去の自分自身の振り返りをおこなってみてください。そうすることで、コンプレックスがコンプレックスでなくなる気づきを得ることがあるかもしれません。

もし、ご自身で振り返ってもコンプレックスが解消されない場合、一度キャリアカウンセリングを受けてみませんか?社会人のためのキャリア相談室として、転職に限らない仕事の悩み・働き方を相談できます。相談することは恥ずかしいことではありません。むしろ相談に来られる方は、自分のキャリアについて真面目に考えていて、とても前向きな方が多いと感じています。悩むことは、真剣に考える第一歩です。その悩みがご自身で解決できないときは、ぜひ私たちのようなキャリアコンサルタントに頼ってみてくださいね。

 

■もっと詳しくキャリアカウンセリングについて知りたい方はコチラ↓


SOARist|株式会社fanfare キャリアコンサルタント岡本陽子

投稿者: SOARist|株式会社fanfare キャリアコンサルタント岡本陽子

納得感ある仕事人生(キャリア)を築くための「働く気持ちの体力を回復し、働く気持ちのリズムを整えていく時間」を提供するキャリアコンサルタント|オンライン相談付きキャリア手帳考案者

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


ホームページプロフィールサービスメニュー企業内キャリアコンサルティング事例実績セミナー・イベント情報お問い合わせブログ運営元 SOARist by fanfare