キャリアカウンセリング、キャリア面談、キャリア研修・セミナー開催|就職・転職の他、働く上で必要な働きがいを支援|仕事・人間関係・働き方の悩み相談キャリア専門家

継続することの大切さと難しさ|小さなことから始めていく

| 0件のコメント


新しいことを取り入れるけれど長続きしない、そのような経験はありませんか?継続は力なりというけれど、継続することに難しさを感じている方へ。継続できない理由と無理なく継続していくための方法を、事例をもとに紹介しています。

 

あなたは今までこのような経験はありませんか?

・自己啓発本を読んで試しているけれど、長続きしない

・周りから勧められて良いと思ったけど、継続することができない

・今度こそはやるぞ!と強い決意をしても、いつの間にか忘れている

上記のようなことは、私自身何度も経験しています。ひと昔前の私であれば、継続できない自分自身を否定したり、自信をなくしたりしていました。でも今は継続できなかった理由は、その時の私に合わなかっただけ、と諦めています。

 

ただ、どうしても継続しないといけないことがあるとすれば、その時は継続するための最初のステップを考えるようにしています。

 

朝起きたら顔を洗いにいくことが当たり前であるように

家を出るときに鍵をかけることが無意識にやっているように

 

新しい物事も継続することで、意識しなくても無理なくやれる習慣化の領域になるまでには、最初の入口の方法を考えていくことが必要です。

 

経験あること、慣れていることから始めていく

何か新しいことをするときは、以下の2点のことから始めていくと継続していきやすくなります。

・過去の経験を活かし、応用する

慣れている方法で取り組む

 

そして小さくても始めてみる、これが継続していくためのはじめの一歩です。

 

小さなことから始めてみて意味付けをしていく

私の場合、フリーランスで活動しだしたときは、まるで第2新卒状態でほぼ実績も経験もない状態からのスタートでした。

 

周りをみると、

「相談実績1万人以上」

「取引実績3,000社」

「経歴15年」

当たり前ですがこんな数字に追いつけるわけがありません。

 

私が1年間どんなに頑張ったとしても、周りの方たちも同じように実績や経験を積み上げていくのですから、いつまでも追いかけていく、差が縮まることはありません。

一方で私の経歴と周りの方々が同じなわけもありません。だとすれば、違う領域、未知な分野であれば新しい領域を積み上げていけるのではないかと考えました。だから私自身がやりたいこと、目指していることを考えてできることからスタートしました。

 

それがブログです。

 

元々、求人広告営業をしていたこともあり、原稿を書く、文章を書くことは慣れているというか、無理なくできます。もちろん、プロのライターのような構成力はありませんが、それでも求人時代に企業が求める人物像と応募者の目線に合わせて応募に来て欲しいと書いたように、ブログ読者の目線に合わせた書き方をすることはできると自負しています。

当初は自分自身の書いた文章を世の中に発信することには抵抗感はありました。でもフリーランスで仕事を見つけていくには自己発信しなくて成り立ちません。だからそんな変なプライドは捨てて書くことに専念しました。

 

やっぱり実績や経験は積み上げ式で、資産そのものですね。

 

ブログは2,000記事以上になり、キャリアのことについて調べていたら読む記事がいつも私のブログにたどり着いたため、キャリア相談を申込に来た方もいます。

書き始めた当初はとても幼稚な内容ばかりで恥ずかしいですが、書き出していくことで、どのような人を対象に、読んでもらう事でどのような気持ちになってもらいたいか、などが明確になっていきます。書くことで私も成長しているのですね。

私は過去の求人広告経験を活かし、応用してブログを書き始めました。文章を書くという、慣れている方法で取り組んだことで、継続し資産を積み重ねていけたのだと思います。これがいきなりyoutubeを始めるなど、やったことのない未知すぎる手法はきっとすぐにリタイアしていたと思います。

 

意味付けは後から深くなる

まだまだキャリアコンサルタントとして6年目に入ったばかりの若手ですが、小さくても始めていくことに意味がある。行動して違ったら改善して、そのような繰り返しをして意味あることに変えていく。それが大事だと感じています。

キャリアカウンセリングって何?と問われたとき、ブログを書き始めた当初は「支援する」という言葉をよく使っていました。でも支援という言葉にはずっと違和感をもちながら使っていました。なぜなら相手は支援してほしいなんて思ってないからです。支援という言葉から離れたいと思いながら様々な言い回しを模索しました。

 

そして今では、キャリアカウンセリングって何?と聞かれたときにはこう答えます。

「働く人の気持ちの体力を回復し、働く気持ちのリズムを整える時間」だと。

働く人というワードを入れている理由は、私自身の活動が働いている人を対象としているからです。

 

あなたは、「あなたにとって働く意味は?」など働く意味付けを問いかけられたことはありませんか?

この答えにおいても、その時にとってつけた言葉ではなく、今までの経験など、あなたの資産を通じて深めていくものです。

意味付けが明確になるとブレなく動いていくことができます。私自身キャリアカウンセリングの理念が定まってから、その理念に基づいたブログを書くようにしています。ブログの更新数は少なくなりましたが、ブログ記事一つひとつの深みは増す記事にしようと心がけています。

 

継続することは、確実にあなたの血となり肉となる資産になります。だからこそ、小さくてもやってみることのはじめの一歩は、後々とてつもないあなたにとっての価値になります。だからこそあなたにとって始めていきやすい「はじめの一歩」の取組みを考えていくことで、無理なく続けていくことができるようになりますよ。

 

もし、あなたが継続することの難しさを感じていたり、過去の経験を活かし応用する方法が見つからないと悩んでいるのであれば、一度キャリアカウンセリングを受けてみませんか?

■キャリアカウンセリングの詳細・お申込みはコチラ

 

◆企業向け(経営者・マネージャー・人事担当者向け)
  • メルマガ登録はコチラ
  • 企業内キャリアコンサルティングについて詳しく知りたい方はコチラ
  • 「採用定着のおかみさん」について詳しく知りたい方はコチラ
  • 経営者・企業向けセミナーはコチラ
 
◆個人向け
  • メルマガ登録はコチラ
  • キャリアカウンセリング希望の方はコチラ
  • 学生対象キャリアカウンセリング希望の方はコチラ
  • 個人向けセミナーはコチラ
   
SOARist(ソアリスト) キャリアコンサルタント岡本陽子

投稿者: SOARist(ソアリスト) キャリアコンサルタント岡本陽子

納得感ある仕事人生(キャリア)を築くための「働く気持ちの体力を回復し、働く気持ちのリズムを整えていく時間」を提供するキャリアコンサルタント/好きな言葉は「五方よし」

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


ホームページプロフィールサービスメニュー企業内キャリアコンサルティング事例実績セミナー・イベント情報お問い合わせブログ