キャリアカウンセリング、キャリア面談、キャリア研修・セミナー開催|就職・転職の他、働く上で必要な働きがいを支援|仕事・人間関係・働き方の悩み相談キャリア専門家

ビッグワードに惑わされないための自分の強みの見つけ方

| 0件のコメント

コミュニケーション

コミュニケーション力がないから、新しい場所、新しい人との関わりに抵抗感を持っている―。このように考えている方は結構多いのではないかと思います。でもコミュニケーションってどのような意味だと思いますか?コミュニケーションという漠然としたワードだからこそ、よく見えている光景にそれが全てと思ってしまい、自分はできないと否定してしまいがちになります。ビッグワードに惑わされずに、自分の強みを見つけ自信をつけるためには、まずはその意味・本質をしっかり知ることです。

 

コミュニケーションと言うビッグワード

グループ

コミュニケーション力の高い人と聞くと、どのような人をイメージされますか?

  • 話し上手な人
  • テンポ良く会話のキャッチボールができる人
  • 雑談力がある人
  • 自分の考え・意見を持っている人
  • 明るくハキハキしている印象

 

このようなイメージを持たれることはありませんか?きっと誰もが「会話をしている」状況を想像されたかと思います。でもコミュニケーションをとるために必要なことは、会話をすることが全てかと言われると必ずしもそうではありません。

 

言葉は手段の一つに過ぎない

会話

コミュニケーション力がある=会話力に長けている、ではありません。コミュニケーションという意味は以下のように言われています。

 

人間が互いに意思・感情・思考を伝達し合うこと。言語・文字その他視覚・聴覚に訴える身振り・表情・声などの手段によって行う人間が互いに意思・感情・思考を伝達し合うこと。言語・文字その他視覚・聴覚に訴える身振り・表情・声などの手段によって行う辞典・百科事典の検索サービス - Weblio辞書

 

つまり、会話は、コミュニケーションをとる上で、様々な手段がある中の一つということなんですよね。

 

人は誰でも幼少期の頃の親からの教育や学校教育、周りの人間関係などや様々な経験を経て、価値観が形成されています。だから、話し上手な人もいれば聴き上手な人もいます。どちらが良い、悪いではなく、どちらも必要でそれぞれに役割を担っています。

聴き上手な人は、言葉数は少なくとも、頷きや共感などの表情やしぐさに長けています。これもコミュニケーションの一つです。頷きやしっかり聞いてくれているという表情が、心の通い合いとして受け止められているんですよね。

 

キャリアカウンセリングを受けられる方の中には、自分の意見を上手く言えない、話すことが上手ではない、だからコミュニケーション力が低い、と相談に来られる方が多くいらっしゃいます。

でもお話ししている中で、質問に対してはきちんと答えてくれるし、聴く姿勢や頷き、表情も豊かな人が多いんですよね。積極的に自分自身のことを多く語ることはないから、コミュニケーション力が低いと思いがちですが、本当はしっかりコミュニケーションをとれているのです。

 

こころの通い合い 手段の強みを見つけてみよう

自信

コミュニケーションをとることは、「こころの通い合い」をとることです。それは、声や言葉だけではなく、頷きや表情、身振りでも通い合うことができます。

あなたのこころの通い合いの方法の手段は何ですか?

 

✔話すことは苦手でも、人の話しを聴くことは好きだ

✔いつも笑顔で、周りを明るくさせる

 

これらも、より良いコミュニケーションをとれている一つの手段です。

 

話しばかりする人が集まっても、話しがまとまりませんよね。前に出て話しをする人、周りの意見を客観的に聴いて上手くまとめる人、コミュニケーションをとる中でもそれぞれにコミュニケーションをとる方法があり、それがグループの中であなたが活きる役割でもあります。

 

今までコミュニケーション力が低い、と思っていたのは、もしかしたら自分自身の中で思っていただけかもしれません。

 

こころの通い合いができると、安心できる人間関係、安定した環境で過ごせていることになります。

 

✔話して安心できる

✔いてくれるだけで安定する

 

そんな言葉をもらえているのであれば、それもあなた自身がこころの通い合いができている証拠です。

 

ビッグワードに惑わされず、本質を知ろう

コミュニケーション

コミュニケーションというビッグワードでも言葉の意味・本質を知ることで、イメージが変わります。よく目につくことだけをイメージ化してしまうことで、自分にはできない、足りない、と自信喪失してしまうんですよね。

ビッグワードに惑わされる前に、まずは本質を知り、自分自身に置き換えてみるとどのようなことが言えるのか、を考えていくと、あなた自身の特徴や強みが見えてきます。

 

例えば、真面目というビッグワードでも、生真面目とイメージ化すると、頑固という負のイメージを連想してしまいますよね。でも真面目でも誠実さがあるとイメージするとプラスな連想になりますよね。

真面目という本質を知るだけで、今までマイナスなイメージしかできなかったことが、プラスのイメージ転換をすることができるようになります。

 

ぜひ、一度あなたの周りにあるビッグワードの本質・意味を捉えて、マイナスなイメージを転換してみてくださいね!

 

★あなたの強みが何か、あなた自身のことを整理して考えてみる時間をつくってみませんか?詳しくはコチラ

 

オススメの関連記事

自分の強みがわからない方へ。自分らしさの起点を振り返る

自分の本質・素質・強みや特徴が何かに気づくためにしておきたいたった一つのこと

本当に自分の好きなことを仕事にして豊かな人生を送れますか?

自分らしい人生が何かわからない方のためのキャリアマネジメントする方法

 

 













◆企業向け(経営者・マネージャー・人事担当者向け)
  • メルマガ登録はコチラ
  • 企業内キャリアコンサルティングについて詳しく知りたい方はコチラ
  • 「採用定着のおかみさん」について詳しく知りたい方はコチラ
  • 経営者・企業向けセミナーはコチラ
 
◆個人向け
  • メルマガ登録はコチラ
  • キャリアカウンセリング希望の方はコチラ
  • 学生対象キャリアカウンセリング希望の方はコチラ
  • 個人向けセミナーはコチラ
   
SOARist(ソアリスト) キャリアコンサルタント岡本陽子

作成者: SOARist(ソアリスト) キャリアコンサルタント岡本陽子

納得感・満足感あるキャリアを送りたい方のために、転職をゴールにしない働きがいまでフルサポートをおこなう「キャリマネ!」サービスを提供|あなたが健やかに豊かなキャリア(仕事人生)を築くためのキャリアコンサルティング・キャリアセミナーを開催|働く個人の心の健康・働きがいを支援、企業の福利厚生制度に取り入れられ、従業員個人とその家族のキャリアカウンセリングに携わる。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


ホームページプロフィールサービスメニュー企業内キャリアコンサルティング事例実績セミナー・イベント情報お問い合わせブログ