キャリアカウンセリング、キャリア面談、キャリア研修・セミナー開催|就職・転職の他、働く上で必要な働きがいを支援|仕事・人間関係・働き方の悩み相談キャリア専門家

最近の若者の考えが理解できない、ついていけない方のための今日から実践できる会話術

| 0件のコメント

若者

ジェネレーションギャップについていけない経営者・マネージャーの方へ。今の若い年代は、必死さがない、頑張らない、距離を置きたがる、あっさりとしたコミュニケーションなどに、戸惑いを感じていませんか?世の中のせい、時代が変わったから…という理由も確かに当てはまります。人は育ってきた環境や教育を経て人格形成、価値観がうまれますので、環境は大いに関係します。でもだからと言って、理解できないと諦めて呆れてしまったり、頭ごなしに怒っても、全く効果はあらわれません。

この記事では、若者の考えの違いはなぜ起こり、思うようについてきてくれないのか、その理由を探りながら、無理なく自発的に会社の方向性に合うように行動していくようにするための簡単にできる会話術についてまとめてみました。

 

従来のメンバーシップ型思考から、若手はジョブ型思考へ

仕事

多くの日本企業が取り入れてきたメンバーシップ型雇用は、終身雇用や年功序列を前提として「まず人を採用してから仕事を割り当てる」という形式でした。仕事内容、勤務地など会社から割り当てられ、急な部署異動や転勤にも対応します。新卒採用はメンバーシップ型を採ることが多く、入社後はジョブローテーションで業務や職務を数年ごとにローテーションしながら、幅広く視野を広げ知識を身につけることで、会社全体がわかるゼネラリストを育成していました。

対して、欧米式のジョブ型雇用とは、「仕事に対して人材が割り当てられる」形式です。職務に対しての雇用になりますので、仕事のゴールが明確で役割がはっきりしています。業務量を多くこなす人は自然に給与も高くなりますし、手を抜けば給与も下がることが如実にあらわれます。

 

現在の日本では、終身雇用や年功序列の制度が崩れ落ち、一つの企業で雇用を終える時代ではなくなっています。「働く意識」に対して、一つの会社で一生身を捧げる、雇用されていれば安泰と考えている方は、若者でなくても考えられないという方がほとんどです。また、世の中には「好きなことを仕事にする」「好きなことだけが仕事になる」などのワードも溢れるようになり、短時間労働やテレワーク、副業解禁など、働き方も多様になり、選択肢の幅が拡がったことも、ジョブ型への意識が高まる後押しになっているのかもしれません。

ただ、これらの多くは、自分の得意とすることが周りより突出している方だったり、大手企業だから制度を整備・導入できることであり、ごく一般な好きレベルの方や中小企業では、なかなか通用しないのが現状です。

でも多くの若者が求めていることでもあります。その求めていることに対して、企業として、上司として向き合うための一つのことは、入社を決めたキーワードを探ることからはじまります。

 

入社を決めたキーワードを探ろう

若者 

多種多様な企業がある中で、入社を決めたキーワードを探ることで、若者の求めていることが明確にわかるようになります。そのキーワードとは、給与、休日などの勤務条件の他に、地域貢献や企業の将来性なども当てはまります。

結婚相談所を例にあげてみると、このような形になります。

わが社は、人と人のマッチングを通じて、一人ひとりの人生を切り開くお手伝いをしています。アドバイザーが紹介したきっかけで、その人の今までの人生が変わる、そんな機会を切り開く場に立ち会うことはステキな仕事だと思いませんか?

カタチあるモノを売るのではなく、人の気持ちを動き幸せになることが私たちの仕事です。人生をサポートする役割を担っています。また、昨今の少子化や人口減少という様々な問題を抱える中で、私たちの仕事はこれからの日本の未来を担う少子化対策にも一役かっています。

もちろん、契約数に応じて歩合という形で還元しますので、あなたの頑張りの成果は入社順など関係なく平等に評価されますので、新人でも活躍できます。若手でスピード出世して1年半で課長になった人もいますよ。

 

よくある企業説明の一コマです。この中には6つのキーワードが含まれています。すべてのキーワードに魅力を感じて入社を決める方はほとんどいません。魅力を感じることは、一つか二つです。6つのキーワードの中身がわかることで、若者の求めていることがみえてくるようになります。

 

1.一人ひとりの人生を切り開くお手伝い

今までなかったことをうみ出すことに魅力を感じるタイプ

2.人生をサポートする役割

支えることを喜びと感じる仕事に取り組むことに魅力を感じるタイプ

3.少子化対策

仕事に取り組むことで社会貢献につながることに魅力を感じるタイプ

4.契約数に応じて歩合という形で還元

成果に応じて頑張りたいという目標達成型タイプ

5.入社順など関係なく平等に評価

明確な基準、評価の見える化などジョブ型を意識しているタイプ

6.スピード出世

誰よりも先に1番になりたい貪欲達成型タイプ

 

上記のように、婚活アドバイザーと言っても、何のキーワードに魅力を感じたのか、がわかることで動く本音がわかります。売上のことについて叱咤激励する日々は、事業所にとって当然のことです。でも目標達成、売上のワードばかり言われていませんか?売上を上げろ、目標達成しろ、という声かけで火がつくタイプは4番と6番です

5番に関しては、ジョブ型を意識していますので、仕事に集中したい時期には達成型と同様の行動を起こします。仕事とプライベートを両立したい方は、上手く仕事のバランスを調整しようと考えます。給与が減ることも割り切って考えるタイプなので、ライフスタイルの変化により頑張る時期、バランスをとる時期と極端にわかれます。

 

1~3番においては、売上は二の次です。売上はあとからついてくる、という考えなのです。

1番は、新しくうみ出すことが仕事のやりがいと感じます。

2番は、役に立ちたい、支えることで、あなたがいてくれて良かった、という一言をもらうことが喜びです。

3番は、世の中に貢献できている存在意義を感じることです。

 

まず第一にこの欲求がありきで、この欲求が満たされたら自然に売上がついてくる、と考えています。ですから頭ごなしに売上や目標達成など伝えていても、お金に視点を向けられることを嫌います。だから伝えても伝わらない、モヤモヤした現象が起こります。

入社を決めたキーワードを知ることで、キーワードを盛り込みながら、今やらなければいけないこと、すべき行動は何かを話していくことで、その行動が結果として売上につながるようになります

 

本音がわかるとマネジメントも上手くいく

ビジネス 人

入社を決めたキーワードは入社後も常に本人の中で持ち続けて行動しています。ですからそのキーワードを用いて話しをすることで、すんなり気持ちの中に入り込み、動く姿勢に変化します。企業にとって売上ありきですが、スタッフを動かす、マネジメントをする、においては、同じ社内、同じ職務だとしても、動くためキーワードの素が異なりますので、ごく一部にしか伝わらない、という形になってしまうのです。

6人同時採用されていたら2名は動けるかもしれません。でも1名の採用で2番のタイプであれば、いくら売上や目標達成のワードを使って話しても、暖簾に腕押しの状態です。

そして、叱責される毎日に、「こんなはずじゃなかった・・・」「社風が合わない」「売上にしか頭にない会社」などと思われ離職をされてしまうのです。

2番の場合の一つの伝え方として、「○○の提案をすることは、きっとお客様の役に立つ。なぜかと言うと××という気持ちになって一歩踏み出す勇気を与えることができると思うから」など、売上や数字ではなく、お客様の役立つ行動を伝えることによって、本人はすんなりと納得してくれるようになります。売上あげるためにこの提案をする、であればピンとこないスタッフがいれば、どのタイプなのか考えてみるといいかもしれません。

あなたの会社のスタッフはいかがですか?入社を決めたキーワードを確認してみると、これからのマネジメントの仕方、伝え方、話し方が変わってきますよ。ぜひ一度確認してみてくださいね。

 

★若者のジェネレーションギャップにお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはコチラ

 

オススメの関連記事

■否定的な意見をするスタッフへの声がけ方法

否定的な意見が多い部下をお持ちの上司のあなたへ。今すぐできる職場の声がけ

■生産性が低いと感じていた社員の本音とは

ダラダラ仕事をする、ムダに時間を費やす社員の深層心理とは?

■ミスマッチを防げば定着につながる

採用のミスマッチをしない!優秀な社員を採用するための3つの質問

■離職理由を本音で語る従業員はほとんどいません

離職理由を建て前で語る従業員、本音と受け止める上司

■専門家に任せるとスタッフの本音がわかります

企業内キャリアコンサルティング面談 従業員意識調査

 

 






SOARist|株式会社fanfare キャリアコンサルタント岡本陽子

投稿者: SOARist|株式会社fanfare キャリアコンサルタント岡本陽子

納得感ある仕事人生(キャリア)を築くための「働く気持ちの体力を回復し、働く気持ちのリズムを整えていく時間」を提供するキャリアコンサルタント|オンライン相談付きキャリア手帳考案者

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


ホームページプロフィールサービスメニュー企業内キャリアコンサルティング事例実績セミナー・イベント情報お問い合わせブログ運営元 SOARist by fanfare