キャリアカウンセリング、キャリア面談、キャリア研修・セミナー開催|就職・転職の他、働く上で必要な働きがいを支援|仕事・人間関係・働き方の悩み相談キャリア専門家

部下育成に悩むマネージャーの方へ「モチベーションを上げる4つのプロセス」

| 0件のコメント

4つのプロセス

仕事をしていて、相手の考えや価値観にギャップを感じている方に。信頼して部下に任せた業務をミス連発されてしまったり、お願いしていた書類作成の出来があまりにもずさんだったり、そんな経験はありませんか?それは上司から見た仕事のレベルと、スタッフの仕事に対するモチベーションのプロセスが異なることが原因です。この差が上司、部下ともにストレスを抱えてしまい、さらに関係悪化して信頼をなくしてしまうことも。

スタッフのモチベーションのプロセスがわかれば、仕事の任せ方が変わります。仕事の任せ方が変われば、ミスがなくなり、効率的に仕事がはかどります。4つのプロセスを知ることで、自然に生産性も高まります。

 

仕事を受け止めきれていないモチベーションの4つのプロセス

ビジネス

上司は信頼しているスタッフに仕事を任していきますが、スタッフは必ずしも「任されて嬉しい!」という状態ではないことがあります。受ける側の意識には4つのプロセスがあるからです。

  1. 教えて
  2. 助けて
  3. 支えて
  4. 任せて

スタッフの知識・経験を踏まえて任せた仕事でも、本人からすれば、助けて欲しいというプロセスの場合があります。このギャップを埋めないことには、スタッフはストレスを抱え、上司は苛立ちを隠せない、負の状況にハマってしまってしまいます。

 

プロセス1:教えて

教える

新入社員であれば、教育からはじめます。当たり前なプロセスですね。ギャップが生じやすい方は、中途採用者や仕事ができる中堅社員です。

中途採用で経験がある場合、教えるプロセスを省いてしまうことがあります。同業界経験者であっても職務内容が違ったり、職種は同じでも異業種であればやり方は異なります。

新部署の立上げに抜擢された方も、実は「教えて」のプロセス状態にいることがあります。今まで完成された部署だったから活躍できていた方が、一からつくりあげていくことには不慣れだったりすることも。やらなければいけないことに追い込まれ、何から手をつけたらいいのかわからなくなってしまうのです。

  • 学んでいきたいと前向きながらも、ルールや優先順位がわからなくなっている状態
  • やり方やコツを知りたいと模索している状態

 

任されると、質問や相談がしずらく、何とか自分で考えてやってみようという姿勢になります。だから余計に一人でストレスを抱えてしまうんですよね。教えることを省くだけで、成果がグンと鈍化してしまいます。

中途採用でも新部署異動でも、その環境のもとでは1年目です。1年目に必要な「教える」ことを省かないことが大事です。経験もあり信頼したスタッフであれば、少し教えるだけでコツやポイントがわかり、グンとスピードアップしていきます。

 

プロセス2:助けて

Help

教えてもらって理屈ではわかっているけれど、なぜできないのかがわからない状態。自分で試行錯誤して調べたり考えても何もつかめない・・・。

このような停滞期は誰にでもあります。素直に「助けて」と言える人もいませんよね。

言えない、できない、わからない・・・。言葉で発言できなくても、

  • 最近口数が少なくなった
  • 笑顔を見ることが少なくなった
  • ソワソワするようになった
  • 目線を落としがちになった

言葉ではない、表情やしぐさ、目線など、態度などの非言語(ノンバーバルコミュニケーション)なサインを出してきます。

何となく違和感感じるな、と思ったときは、大抵ノンバーバルコミュニケ―ションのサインを出しています。そのサインをそのままにしておくと、ストレス過多になっていきます。

 

違和感を感じたときは、周りに助けを求めている状態であり、親身に話しを聴く環境が必要です。とりわけ話しに解決や結論を求めているのではありません。それは助けてと言えなかったから、相談できる場がなかったから、ただ話しを聞いてくれれば十分なのです。

じっくり話しを聞いて欲しい、今の状況をわかってほしいと思っているので、相づちをうち向き合って聞く時間をつくるだけで、「助けて」という危機感から「安心感」に変わります。安心感に変わることで、改めて仕事に向き合う姿勢をもつことができるのです。

 

プロセス3:支えて

チェック

知識もある、能力も備わってきた、ある程度一人でできるようになってきた、でもまだ少し自信が持てない、そんな方に必要な支えるためのアドバイスやサポートを求めている状態です。

「支えて」のプロセスにいる場合、あれこれと丁寧に教えられると逆にストレスを生んでしまいます。

信用されていないの?

 

もっと能力発揮したいのに、何でいつもアシスタント側の仕事をさせられるんだろう

そんな不安や不満はストレスになります。

 

子どもが自転車に乗る練習をしているように、後ろから手を支えている程度がちょうど良い距離感なのです。

適度な距離感が、お互い信用・信頼を持ち始めている証拠なので、変に距離を縮めようとすると逆効果です。距離を縮めない心の余裕と、成長の見守りをすることで、自転車をこげるようになり、グングンスピードアップできるようになっていきます。

 

プロセス4:任せて

ビジネス

自分自身の知識や能力に自信をもっている状態です。何でもチャレンジしたい、人の役に立ちたいと前向きに取り組みたいと意欲的です。

自分で考え、動き、検証できるので、時折確認する程度で十分です。タイムスケジュール管理も、効率的にこなしていきます。一番生産性が高い状態です。

このプロセスのときには、何でもチェックされることを嫌う傾向にあります。マラソンランナーのコーチのように、適度なポイント地点で確認する位が、最大限に効力を発揮します

間違った方向へ進む場合は軌道修正は必要ですが、ほとんどそのようなこともありません。

 

上司に陥りがちなミス

ビジネス 男性

上司はこの4つのプロセスの中で、スタッフが今どの状態にいるのかを見極めていくことが大切です。

  1. 教えて
  2. 助けて
  3. 支えて
  4. 任せて

上司はよくスタッフを「任せて」のプロセスと感じて仕事を与えることが多いです。でも頼まれたスタッフからすると、「教えて」欲しかったり、「助けて」欲しかったり、「支えて」欲しかったりするのです。

 

「して欲しい」という欲求が満たされなかったとき、人はストレスを抱えます。

また、思うように成果をださない部下に、上司は苛立ちやストレスを感じてしまいます。

 

それはプロセスの状態を見間違っているからです。仕事を頼むとき、仕事を動かしているとき、どんなプロセスの状態であるかがわかれば、自然とストレスも消えていきます。

ストレスが消えると、仕事の頼み方も変わり、自然に無理なく業務を取り組めるようになります。プロセスごとのストレスを消していくことが、自然にやることが見えてきてモチベーションがあがっていくのです。

 

モチベーションを上げる方法論や本も沢山ありますが、ストレスという負の状態を消していくことで、結果モチベーションが保たれ、やる気がみなぎることも多くあります。

もし今、成果がでていないスタッフを抱えているなら、4つのプロセス単語を投げてみて、どの状態なのか聞いてみるのも一つの手ですね。どのプロセスにいるかわかれば、不必要なストレスは自然に消えていきます。

ぜひ、一度試してみてくださいね。

 

オススメの関連記事

社内失業者を抱えている企業のための、従業員キャリア形成の育み方

1年以内に離職されてしまう企業必見!帰属意識を高めるための3つのポイント

褒め言葉を素直に受け入れられない従業員の本音

従業員のキャリア支援を「転職、独立される」と考えてしまう経営者・マネージャーの方へ

信頼している部下に違和感を持ち始めたとき|企業内キャリアコンサルティング

 

◆企業向け(経営者・マネージャー・人事担当者向け)
  • メルマガ登録はコチラ
  • 企業内キャリアコンサルティングについて詳しく知りたい方はコチラ
  • 「採用定着のおかみさん」について詳しく知りたい方はコチラ
  • 経営者・企業向けセミナーはコチラ
 
◆個人向け
  • メルマガ登録はコチラ
  • キャリアカウンセリング希望の方はコチラ
  • 学生対象キャリアカウンセリング希望の方はコチラ
  • 個人向けセミナーはコチラ
   
SOARist(ソアリスト) キャリアコンサルタント岡本陽子

作成者: SOARist(ソアリスト) キャリアコンサルタント岡本陽子

納得感・満足感あるキャリアを送りたい方のために、転職をゴールにしない働きがいまでフルサポートをおこなう「キャリマネ!」サービスを提供|あなたが健やかに豊かなキャリア(仕事人生)を築くためのキャリアコンサルティング・キャリアセミナーを開催|働く個人の心の健康・働きがいを支援、企業の福利厚生制度に取り入れられ、従業員個人とその家族のキャリアカウンセリングに携わる。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


ホームページプロフィールサービスメニュー企業内キャリアコンサルティング事例実績セミナー・イベント情報お問い合わせブログ