キャリアカウンセリング、キャリア面談、キャリア研修・セミナー開催|就職・転職の他、働く上で必要な働きがいを支援|仕事・人間関係・働き方の悩み相談キャリア専門家

はじめて転職活動をするあなたへ|周りからの影響で決めた過去、はじめて自分で選択する現在

| 0件のコメント

はじめて転職活動をするあなたへ

はじめての転職活動をしたとき、あなたは自信を持ってできていましたか?いつの年齢になっても、「はじめて」のことには不安がつきもの。ましてや、転職など人生の大きなターニングポイントではなおさらです。また、学生時代のように決められたルートや周りからの影響で何となく決めてきた方にとっては、転職するという自らの発信で動くことに、躊躇することも多いかもしれません。

この記事では20代後半から30代で初めて転職する方に向けて、不安を自信に変えていく転職活動の進め方についてまとめています。

 

学生時代から、周りからの影響で決めてきたあなたへ

学生時代の就職活動で、しっかり企業分析したり、自己分析したりしている方はどれくらいいるのでしょうか?

・知名度の高い会社へ

・先輩に勧められて

・安定感がある公務員へ

・親や友達に影響されて

など、身近な周りや世間の情報などの影響を受けて、何となく決めた方も少なくないのでは?

 

何となく決めて進んだ道でも、きっと後悔せずにやりくりして進んできているのではないでしょうか。そんなあなたが、これからのキャリアを考えたときに選んだ選択肢である「転職」。

きっとあなたにとっては、はじめて誰からの影響や誘いではなく、自分の意志で選択したことと感じているでしょう。自分の意志で選択したからこそ、それが正しい選択であるか不安に駆られることも多いかもしれません。

 

でも、実際は自分の意志で選択したことは、今回の転職の選択が初めてではありません。学生時代でも周りの影響があったとしても、最終的に選択したことはあなた自身の意志です。また、周りからの誘いにおいても、あなた自身が何かしら行動したり、発言したりすることで、その誘いの機会が得られたのではないでしょうか?

それら全て、あなた自身の行動、あなた自身の選択から始まっています。

 

はじめての転職の進め方

いくつの年齢になっても、はじめてのことは不安になるものです。私自身、はじめての転職は30代半ばでした。求人広告の仕事をしている私自身、いざ自分ごとになると、

「職務経歴書ってどう書くんだっけ?」

「面接って何を聞かれるんだろう」

「離職の準備って何が必要?抜けていることないかな・・・」

など様々なことが不安でいっぱいでした。

 

私もどちらかといえば、自分で主体的に選択することはする機会がなく、いつも周りの誘いについていく性格だったため、転職活動は大きな転換期となりました。

はじめてエージェントに登録したものの、エージェントと話して改めて現在の会社だからやってこれていた私に気づいたんですよね。ずっと営業で経験してきたものの、何か資格取得しているわけでもなければ、役職に就いているわけでもない、そして30代半ば…。

 

現在は変化していますが、当時は35歳転職限界説真っ只中の頃でした。転職するぞと意気込んだものの、エージェントと話しをして一気に私の市場価値のなさに落ち込んだことを今でも覚えています。だから、現在キャリアコンサルタントとして多くのキャリア相談を受ける中で、はじめての転職を希望される方の不安や迷いはとても理解・共感します。

 

でも大丈夫。私のように、資格や役職など周りからの見栄えを意識する必要はありません。確かに経験者しか採用しない企業であれば、知識や経験の豊富さは有利になるかもしれません。ただ、どれだけ知識や経験が優れていても、転職先の企業のメンバーと上手く順応できる柔軟性や対応力がなければ、転職に失敗したと思うことがあるかもしれません。

外面的な魅力よりも、あなたの仕事の取り組み方や仕事に対する姿勢など、内面をしっかり見せていく転職活動をすることが成功の近道であり、転職後も継続的に安定した気持ちで働くことができます。

 

業界未経験であっても、経験や知識なんて、後からいくらでも積み上げていけるものです。

反対に仕事に対する取り組み方や姿勢は、すぐに変えられるものではありません。

だからこそ、あなた自身の人となりである仕事の取り組み方や、仕事に対する姿勢を伝えていくことが必要です。そうすることで「未経験でも、この人なら上手くやってくれるかも」という期待値が生まれます。そのように思っていただけることで、採用に近づいていきやすいですね。

 

自分自身を言語化しよう

もし、あなた自身、仕事に対する取り組み方や姿勢について、上手く言語化できないようであれば、キャリアカウンセリングを受けに来ませんか?

 

転職活動は

・職務経歴書で文字にして伝える

・面接で言葉として話す

このように自分自身をしっかり言語化することが大切です。自分自身のことを言語化できていなければ、転職活動は思うように進みません。

 

まずは書類選考からはじまる転職活動。

あなたの魅力・強みを上手く言語化することを手助け致します。キャリアカウンセリングの時間でも上手く自分のことを話せなくても大丈夫です。キャリアコンサルタントが、あなたのお話をお聴きしながら、あなたの魅力を言葉にしてお返ししていきます。

 

ぜひ、一度キャリアカウンセリングを受けに来てみてくださいね!

 

▼キャリアカウンセリングの詳細・申込はコチラ▼


SOARist|株式会社fanfare キャリアコンサルタント岡本陽子

投稿者: SOARist|株式会社fanfare キャリアコンサルタント岡本陽子

納得感ある仕事人生(キャリア)を築くための「働く気持ちの体力を回復し、働く気持ちのリズムを整えていく時間」を提供するキャリアコンサルタント|オンライン相談付きキャリア手帳考案者

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


ホームページプロフィールサービスメニュー企業内キャリアコンサルティング事例実績セミナー・イベント情報お問い合わせブログ運営元 SOARist by fanfare