キャリアカウンセリング、キャリア面談、キャリア研修・セミナー開催|就職・転職の他、働く上で必要な働きがいを支援|仕事・人間関係・働き方の悩み相談キャリア専門家

じわりじわりと訪れる納得感とこれからの方向性

| 0件のコメント

納得感

今まで誰にも相談できずに一人で悩んでいたのに、キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタントにほんの1時間相談するだけで、劇的な気づきや方向性が定まっていくものなのか、と疑問に感じているあなたへ。

 

一人で悩む原因は誰に相談したら良いかわからないから

疑問

「友達や家族に相談してもきっと反対される」

「仕事仲間に相談できる内容じゃない」

あなたがよく相談する相手は、何気ない相談であれば気軽に普段からしていますよね。でも、あなた自身の人生の悩みの核心を相談できる相手は、身近だからこそできないことが多いのです。

誰にでも相談できる内容ではないから、キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタントがいます。

 

カウンセリングで気づく・わかるタイミングとは

成長

キャリアカウンセリングで得られる気づくタイミングは個人によって異なります。

✔キャリアカウンセリングを受けているその場で気づくこと

✔カウンセリング後に、ご自身で振り返ってみてわかること

✔後日お渡しする振り返りシートを見て、気づくこと

 

などがあります。(カウンセラーにより振り返りシートがない場合もあります)時間が経つほどにじわりじわりとボディブローのように気づき、納得感を味わえます。

 

考えがまとまっていない相談者の事例

先日、ある20代の方から、「今年から転職を考えているが、自分に合う仕事が何なのか分からず悩んでいる。」というご相談を受けました。

お話ししている最中は、慎重に言葉を選びながら時々話しが移り変わる、そのような流れでした。

 

カウンセリング直後の感想はこのような形でした。

「もう少し具体的にこういう仕事に就きたいというイメージができてからカウンセリングを受けるべきだったと感じた」

 

でも、後日振り返りシートをお送りした後に、このような感想を頂きました。

 

面談時は、自分のたどたどしい返答に対して、丁寧に言葉を拾い上げてお話し下さり、またお送り頂いた振り返りシートを拝見し、今後の転職活動の方向性を以前よりもクリアにできたと感じています。(面談時は話すことに集中しすぎて、メモを取るのを忘れてしまったのもあり、この振り返りシートは非常に助かりました。)

転職するに当たり、先ずは学生生活または社会人生活を振り返ってみて、自分の得意分野、あるいは特に苦も無く行えた事柄について焦点を当ててみて、いわゆる「CAN」の部分を整理していくことから始めていきたいと考えました。また仕事以外でも、異業種の人との交流会等にも積極的に参加してみて、視野を広げるとともに、転職のきっかけのようなものに出会えたらなと思いました。

最後に、転職に関してイメージがあやふやなまま面談をお願いしたのもあり、多少が返答が覚束ない部分がありましたが、話を聞いて頂き、誠に有難う御座いました。

 

キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタントという名称は会社の講習会で聞いたことはあったようですが、実際にカウンセリングを受けることは初めてだったのではないかと思います。だからカウンセリングを受けている最中は、自分の考え・気持ちを出すことで精一杯になってしまいますよね。考えは整理できていないままでお話しすることもありますので、話しの内容があちらこちらへ移り変わることもよくあります。

でも最終的に、カウンセリングを受けた後は納得感を得られ、今後進む方向、動く方向に気づくことが多いのです。

 

時間が経つほど納得感を得られる理由

キャリアカウンセリング

「メモを取るのを忘れてしまった」

それは、今の気持ちを話すことに必死だったから

カウンセリングを通じて良い情報・アドバイスを手に入れたいと思ったから。

 

そのような相談者のために、私はカウンセリングをおこなった後は振り返りシートをお渡しするようにしています。

それは、話すことに集中している相談者のために、きちんと面談の可視化をさせていくことで、納得感を高めていくことができるからです。あらゆる情報が自然に入ってくる世界の中で、大事なことも月日が経てば忘れていく、それが人間です。

 

だから振り返りシートは、じわりじわりとボディブローのように納得感を得られるようになるのです。振り返りシートは、「お守り」のように大事にして頂く相談者もいらっしゃいます。振り返りシートは、迷った時に思い返すツールです。

 

月日が流れるとカウンセリングで気づけたことも見失ってしまう時もあります。だから、

✔いつでも原点へ戻れるように

✔立ち止まって自分自身を俯瞰して考えられるために

振り返りシートがあります。

 

だからメモを取る必要はありません。相談者がメモを取りながら話しをすることは、気持ちを十分に吐き出す時間ではなくなります。それこそ、中途半端にカウンセリングを終えることになってしまいます。カウンセリングはセミナーのように受講するものではありません。これからのキャリアについて自分自身の気持ちに向き合うための時間です。

 

せっかく相談するなら、しっかりと話さないといけない、と思う必要もありません。

たどたどしくても、考えが整理できていなくてもいいんです。だからこそカウンセリングを受けて欲しいと思います。整理できていない状況から、一つひとつ話していくことで少しずつ考えが整理されていき、気持ちが落ち着きます。

 

気持ちが落ち着くと、余裕が生まれ、視野が拡がります。

ちゃんと話せなくてもいい、そんな人こそキャリアカウンセリングを受けてみませんか?

 

●キャリアカウンセリングを受けてみたい方はコチラ

キャリアカウンセリング_ブログ記事下用

◆企業向け(経営者・マネージャー・人事担当者向け)
  • メルマガ登録はコチラ
  • 企業内キャリアコンサルティングについて詳しく知りたい方はコチラ
  • 「採用定着のおかみさん」について詳しく知りたい方はコチラ
  • 経営者・企業向けセミナーはコチラ
 
◆個人向け
  • メルマガ登録はコチラ
  • キャリアカウンセリング希望の方はコチラ
  • 学生対象キャリアカウンセリング希望の方はコチラ
  • 個人向けセミナーはコチラ
   
SOARist(ソアリスト) キャリアコンサルタント岡本陽子

投稿者: SOARist(ソアリスト) キャリアコンサルタント岡本陽子

売り手よし、買い手よし、世間よし、働き手よし、未来(次世代)よしの「五方よしの社会づくり」を目指すキャリアコンサルタント/2030SDGsファシリテーター。SDGs×キャリアセミナーの他、働く個人が心身ともに健やかに豊かなキャリアを築くためのキャリアコンサルティングをおこなう

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


ホームページプロフィールサービスメニュー企業内キャリアコンサルティング事例実績セミナー・イベント情報お問い合わせブログ