仕事や人間関係の悩み・キャリア不足の不安を解消させるキャリアの専門家|キャリアカウンセリングやオリジナルセミナーを開催

キャリアが飛躍するための時間の有効活用

| 0件のコメント


経営も上手くいっていて忙しそうな経営者ほど、スポーツをしていて健康に気を配ったり、しっかり遊んでいたりしている。仕事の話しに加えていつも嬉しそうな顔をして、楽しく話をしてくれる。「時間はつくるものだ」と言うけれど、どう考えても普通の人より倍以上の時間を1日過ごしているようにしか思えない、そんなアグレッシブな方いますよね。

うらやましい、自分もこうなりたい!と思ってスキマ時間を有効にしてみても、ほんのわずかな業務効率にしかならない。その違いを精神科医である樺沢紫苑著書「神・時間術」を読んで、私なりに気づいたこと。

 

集中時間とリラックスタイム

著書では朝、昼、夜の時間をこんな形で言い表しています。

朝は集中力が高まるゴールデンタイム

昼は脳をリセットする時間を持つこと

夕方に運動して夜寝る前の3時間が大事

 

集中する時間、リセットして休む時間、スポーツして身体を動かして、脳をリフレッシュすることで夜にもう一度集中できる。これは、メリハリができたいるんだな、と。

 

時間がないと言い訳するムダな時間の使い方

会社員時代はいつも残業で時間がないと言っていた私。

フリーで活動している現在も、いつも何か仕事をしていて、土日もあるようでない曜日感覚を失う日々。

じゃあ、それだけ効率良く仕事ができているのかと言われると、ダラダラ時間かけていることが多かったりするんですよね。

 

つい先日、ある経営者がこんな話しをしてグサッときた言葉。

 

「俺は1時間でできる仕事は1時間でやって他の時間は休憩したり、他のことをするよ。

でも従業員は1時間でできる仕事を1日かけてやっているんだ。」

 

他に仕事がなければ、ダラダラとしてしまうんですよね。早く終わらせて違うことをしようという意識にならない。これでは生産性が高まりませんよね。

 

時間の有効活用はメリハリの術にある。そのメリハリが、新しい経験を育み、自分のキャリアにつながっていく。

あらためて、メリハリつけて仕事をしようと肝に銘じた日。

 

参考本はコチラ→神・時間術

 

オススメの関連記事

■なりたい自分になるためのとっておきの方法

1日4分、未来の理想の自分に近づく時間

■有効に時間をつかって生産性を上げたいあなたへ

上質な仕事が舞い込んでくるために考えたい、生産性が上がる時間の捉え方

■生産性とは2種類あること知っていますか?

時間効率だけが生産性向上ではない!知っておきたい2つの生産性の高め方

 

◆企業向け(経営者・マネージャー・人事担当者向け)
  • メルマガ登録はコチラ
  • 企業内キャリアコンサルティングについて詳しく知りたい方はコチラ
  • 「採用定着のおかみさん」について詳しく知りたい方はコチラ
  • 経営者・企業向けセミナーはコチラ
 
◆個人向け
  • メルマガ登録はコチラ
  • キャリアカウンセリング希望の方はコチラ
  • 学生対象キャリアカウンセリング希望の方はコチラ
  • 個人向けセミナーはコチラ
   
SOARist(ソアリスト) キャリアコンサルタント岡本陽子

作成者: SOARist(ソアリスト) キャリアコンサルタント岡本陽子

募集から定着まで!経営ビジョンに共感する人材を集め、帰属意識の高い人材づくりをサポートする「採用定着のおかみさん」サービスを提供。相撲部屋のおかみさんのように、経営者から信頼され従業員から頼りにされる存在で、離職率が高く人材が定着しない中小企業経営者や個人事業主のための、あらゆる人材に関わる課題解決をサポート。企業内キャリアコンサルティング実績は75社以上。他、企業の福利厚生制度に取り入れられ、従業員個人とその家族のキャリアカウンセリングに携わる。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


ホームページプロフィールサービスメニュー企業内キャリアコンサルティング事例実績セミナー・イベント情報お問い合わせブログ