キャリアカウンセリング、キャリア面談、キャリア研修・セミナー開催|就職・転職の他、働く上で必要な働きがいを支援|仕事・人間関係・働き方の悩み相談キャリア専門家

不得意なことや苦手なことが得意に変わるたった一つのきっかけ

| 0件のコメント

不得意

私が個人でキャリアコンサルタントの活動をしはじめて、1年ちょっと。キャリアコンサルタントの仕事領域は幅広く、企業内でのキャリア支援・定着支援の他、学生向けキャリア支援、就労支援、派遣会社や人材紹介会社内での転職・就職支援、ハローワーク内での就職相談…。これだけ幅広いと得意分野、不得意分野に分かれていきます。私の不得意分野は学生向けと就労支援業務でした。そんな苦手意識を持っていた私が、業務に携わるにつれて考えに変化が起きた、たった一つのきっかけとは。そして継続することで見えてきた新しい自分の幅の拡がり、周りからの目線の変化について。私のこの1年のキャリアについて綴っています。

 

チャンスは縁で繋がっている

ハート

不意に連絡をもらったある日、企業での仕事とは異なり、苦手意識のある分野の仕事だったので、若干返事に躊躇したことを覚えています。

話しを頂戴した時は、先方は単純にキャリアコンサルタントの資格を持っている人を探していただけなのかもしれない。とくに私自身の価値を見出して声をかけてもらったというより、資格の価値を見られたコトが本当のきっかけだったかと思います。

私自身も苦手意識や不得意分野ではありましたが、「きっと数年先に話しが来てもやらないだろう、やるなら独立した1年目の時間に余裕がある時しかない!」と考え承諾したことを覚えています。

何だかどちらの考えもそれぞれ自分よがりな考えからスタートした気がしています。でも、これも一つの「ご縁」でもあり、せっかくもらったチャンスでもあるので、やってみよう、と。

 

継続は力なり

女性 カフェ

始めた当初は、こんなことばかり考えていました。

仕事で上手くいかなかったり、叱責されるのは当然だし、少なからず人間関係に悩むことは当然のこと。頑張る努力や忍耐が足りないだけじゃないか…。

自分が20代の頃は、同じように自分がやりたいことなんて明確になかったけどな…。もっと自分なりに調べて考えて動いたらいいのに…。

精神的に不安定な人を前にして、どんな声かけや就労についての進め方をしていったらいいんだろう…。

 

当時を思い出すと、話しを聴く以前の問題で、キャリアコンサルタント失格だったと思います。不得意分野だと、変に意識してしまいがちで心身ともに固まりながら、相手の様子を色眼鏡で見ていました。これでは、信頼関係も築けず、本人もなかなか本音を話してくれませんよね。

 

でも相談をし始めると、このような事に気づいたのです。

過去にトラウマ抱えて引きこもりだと言っている相談者も、実際会ってみると普通の子。

話すとよくしゃべるし、よく笑う。自信を取り戻しさえすれば、すぐに就職も見つかるだろう

 

定期的に相談に来ていた相談者も、年末が近づくにつれ、就職決まったり、仕事体験に進んだりと、変化が見えてくるようになりました。私自身、苦手意識や不得意分野と考えずに相談者と自然に向き合えるようになったから、コトが順調に動きだしたな、と感じています。

それは継続して続けたことでわかる、見えていなかった新しい世界。

 

苦手意識を感じる理由

NO

一般的に苦手意識や不得意分野と考えるようになるきっかけは主に下記の3つです。

  1. 過去チャレンジしてみたが挫折した経験がある
  2. 過去の経験値にないことなので、できるかどうか不安だ
  3. 自分がやりたいコトの正反対にあるコトなので興味・関心が湧かない

私の場合は、主に3番でした。元々企業内キャリアコンサルティングをしたいから資格勉強していたので、未就労者に対しては興味・関心はありませんでした。加えて、私自身大学時代の就活は苦労しましたし、自分なりに考え、もがき、足掻いた日々で他からのサポートされることもありませんでした。

時代が変わったと言えば確かにそうなのかもしれませんが、やっぱり自分自身苦労した経験が根っこにあるので、未就労者に対して誠実に向き合い傾聴することができるのかと自分で問うと、いつでもNOでしたね。

それに2番の部分についても精神的に不安定な方に対しての面談の仕方がわからなく、腫れ物に触るような印象を持っていたかと思います。

 

自分自身の変化

不安

そんな苦手意識を持っていた私がこの1年の間、不得意分野と感じていたキャリア支援について、自分の気持ちの中で見方が変わったことがあります。それは、本人だけでは対応できない、家族のことや経済的事情も踏まえて支援する必要があるということ。

私の場合は、私の取り巻く環境には裕福ではないけれども恵まれていたと思います。ただ、私が20代当時に何もできなかった自分を経験したこともあり、それが自分の中で一般化され色眼鏡ができてしまったのだと。だから未就労者や学生を考えても、サポートするよりもまずは自分で考えたら?とやっつけ感が根付いていたのかもしれません。

でもこの1年の経験で、少なからずその色眼鏡はなくなった気がしています。その眼鏡を外すことでわかる本当の相手の姿、気持ちに真摯に向き合えるキャリアコンサルタントとして一歩踏みだせた気がしています。

 

最後に

あなたは2017年はどのような1年で、どのようにキャリアを歩みましたか?また自分自身で抱え込んでしまってできてしまった、自分よがりな色眼鏡で見てしまっている出来事はありませんか?

私のように、その色眼鏡をかけていたことに気づいたとき、新しい考えや価値観、新しい気づきが見えてくるかもしれませんね。

 






SOARist|株式会社fanfare キャリアコンサルタント岡本陽子

投稿者: SOARist|株式会社fanfare キャリアコンサルタント岡本陽子

納得感ある仕事人生(キャリア)を築くための「働く気持ちの体力を回復し、働く気持ちのリズムを整えていく時間」を提供するキャリアコンサルタント|オンライン相談付きキャリア手帳考案者

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


ホームページプロフィールサービスメニュー企業内キャリアコンサルティング事例実績セミナー・イベント情報お問い合わせブログ