「個人の価値が活きる働き方」をテーマに個性的キャリアを育むためのキャリアカウンセリングやオリジナルセミナーを開催(関西)

仕事のプレッシャーが「たのしんどい」に変わるまでに必要な5つのこと

| 0件のコメント

成長

どんなに経験を積んだ人でも新しい環境に慣れるまでは数ヶ月はかかります。ましてや未経験で新しいことを始める方は、もっとプレッシャーやストレスを感じるでしょう。そのしんどさを超えてやりがいに感じる「たのしんどい」に変わるまで。

 

仕事にプレッシャーはつきもの

砂時計

新しいことを始めるとき、順風満帆に上手くいくことは殆どありません。誰もが失敗を繰り返し、悔しい想いを味わいながら経験という免疫をつけて成長していくものです。そのしんどさを感じるウェイトが高い時期を抜け出すには、早くても3ヶ月~6ヶ月。右も左もわからなかったスタートから徐々に周りが見えてくるときでもあります。

また、環境に馴染みやすい方はこのあたりから、自分で考えながら一工夫しだす時期でもあります。その工夫も成功や失敗の繰り返しです。周りから褒められたり、ある特定の業務を任されたり…、成功体験が増えてくると楽しさが芽生え始めてきます。

このように、しんどさや仕事のプレッシャーを感じることは決して悪いことではありません。現在の自分の力から少し背伸びをしながら手に入れたことで、その背伸びしていた期間が達成感に変わり、成長していく過程になるからです。

ただ、なかには現在の自分の力量内でやりたいと思う方もいらっしゃいます。少しのプレッシャーも感じずにおこなう仕事は最初はストレスフリーで楽しいかもしれませんが長続きしません。大抵の場合、何か物足りなさを感じたり、いずれは新しいことを求めていく行動に変化していきます。変化が起きるということは何かしらのプレッシャーやしんどさがついてくる、ということを意味します。

 

しんどい時期にリタイアしてしまう理由

双葉

楽しさの芽が出るまでは、植物の生長と同様に、まずその芽がでる土壌がしっかりできていることかどうかです。

乾ききった土地の場合はまずは土を掘り起こし、育ちやすい土壌をつくります。そしてたくさんの日光を浴びながら水を与えることで、芽が出てくるようになりますよね。その芽が出てくるスピードも、同じ時期に種を蒔いても同時に芽がでてくることはありません。それぞれちょっとずつ違う、芽が出るスピード、葉っぱの大きさ、双葉からの生長…。仕事においても同時入社でも成長スピードが異なる理由はそれぞれ持っている種が一つひとつ異なるからです。

もちろん、最初から土壌が整えられている場所であれば、芽が出るスピードも速くなることもありますね。この土壌という部分は単純に職場環境や社内体制だけを意味しているものではなく、自分自身の仕事の向き合い方、メンタル面も大きく関係します。意見を受け入れる誠実な姿勢や素直さ、柔軟な対応や、少しの外敵な要因を跳ね返すストレス耐性などが当てはまります。

そして、周囲のサポートを得ながら「水やり」という様々な経験や、「太陽を浴びる」という情報を蓄積していくことで、芽が伸びだしていくのです。

多くの方はこの「土壌」「水やり」「太陽を浴びる」ことについて、理由付けをしてリタイアすることが多いのです。

例えば、こんな事例。

 

教育体制ができていない社内環境(土壌)が悪い。

環境が良ければ自分はもっと成長できるはずだ

 

新しい経験(水やり)をさせてくれないからいつまでも同じ場所で止まっている気がする。

仕事がマンネリ化して不自由さや退屈さを感じる。

 

今ある単純な仕事に追われ知識や情報(太陽を浴びる)を得ることができない。

自分のキャリアを積めない気がしている。

 

このように、芽が出ないことを周りや何かに原因に置き換え、仕事のプレッシャーというストレスを軽減させることは誰にでもあります。ただ解決策にはなりませんよね。

解決策の方法の一つとして「肥料」を与えるという方法があります。この肥料とは、周りに相談することです。ストレスを抱え込んだり、モヤモヤしているときほど、自分を客観的に考えることは難しくなっていきます。だからこそ、相談することによって、自分の中で考え、もがいても見えてこなかった新鮮な気づきを得ることがあります。

また、せっかく良い土壌で沢山の太陽の光と水を得ながら成長しようと思っても、それを阻む外敵要因も出てくることは少なからずあります。その要因に対して、向き合える揺るぎない自分であるかどうかが問われます。向き合っても上手くいかない…、そんなときも肥料という相談をするようにしましょう。

その肥料は、自分自身の周りにいる同僚や友達、家族への相談などで解決できます。しがらみのないフラットな状態で今の状況を相談したい方には、第3者の立場であるキャリアコンサルタントがその肥料の役目を果たします。その肥料はあなたに今できることは何かを新ためて気づかせ、隠し持っていた特徴を思い出させてくれる、そんな沢山の「気づき」を支援します。自分のことはわかっているようで案外わかっていないですよね。だから改めてわかる新鮮な気づきの一つひとつが、成長を促す肥料となるのです。

 

しんどさ×楽しさ=「たのしんどい」に変わるとき

ガッツポーズ

  1. 自分という種
  2. 土壌
  3. 水やり
  4. 太陽の光
  5. 肥料

この5つが上手くいくようになれば、いつしかしんどさのウェイトよりも「しんどいけど楽しい」という状況になります。つまり、それが「やりがい」に変わる瞬間です。

しんどさはプレッシャーの一つでもあります。でもそのプレッシャーを楽しめるようになったとき、自分自身にとって「やるべきこと」が見えるようになるのです。その「やるべきこと」を成し遂げる迄に多少の困難はあって当たり前だと思うようになります。

また、このころから相手から「求められていること」が何かがはっきりわかるようになります。周りに喜んでもらいたい、評価されたい!ということは人間の本質でもありますので、その「求められていること」にも柔軟に対応することができていくのです。

 

最後に

私はこの肥料役であるキャリアコンサルティングをメインで業務をおこない、2017年10月で1周年を迎えました。無事に1年を迎え、感謝の気持ちでいっぱいです。この度、日ごろの感謝の気持ちを込めまして、1周年特別企画としてキャリアコンサルティングを特別価格にてご提供しています。今のキャリアに悩んでいる、戸惑いを感じている、これからの自分のキャリアを考えてみたい…、など、この機会にあなたのキャリアの肥料となるキャリアコンサルティングを受けてみませんか?詳しくはコチラ

 

 

 





【年末年始特別限定企画】個別キャリアカウンセリングのお知らせ
今回は、普段慌ただしく仕事に励んでいる方に、ゆっくりできる年末年始に、自分自身を見つめなおし振り返ることで、2018年を自信を持ってスタートを切るための「気づき」を得てもらいたい!そんな思いを込めた年末年始限定企画のご案内です。 詳しくはコチラ

岡本 陽子

作成者: 岡本 陽子

ココロとカラダも健やかに翔けていけるキャリア支援をおこなう中小企業向けキャリアコンサルタント。広告業界時代に培った経営者から新卒1年目まで200社3000名を超えるキャリアビジョンヒアリング 経験を活かし、現在はスタッフが健やかに働くためのキャリア支援をおこなう。採用時から変わらない期待値を持ち続け、安定したパフォーマンスを発揮するために必要なやるべきこと、自身の価値の活かし方とは何かに「気づく」ことをサポートしています。その多くの「気づき」こそが、自発的に考え行動できるパフォーマンスの高いスタッフが集まる組織に変化していく原点です。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA