「個人の価値が活きる働き方」をテーマに個性的キャリアを育むためのキャリアカウンセリングやオリジナルセミナーを開催(関西)

認知の歪み④「マイナス化思考~ポジティブなことをマイナスだとみなす~」

| 0件のコメント

考える

何かしらの理由で、ポジティブな経験には該当しないと拒否(否定)してしまう思考。例えば、自分には能力がないと考えている人が、仕事が上手くいっても「これはまぐれだ!」と考えてしまうこと。これが認知の歪み「ポジティブなことをマイナスだとみなすマイナス化思考」の考え方。

 

どれだけ認められてもマイナスに考えてしまう

ムンクの叫び

よくありがちな職場での会話。

 

この資料作成したのはあなたですか?素晴らしいですね。

 

え?あ、はい、ありがとうございます。

 

表向きは感謝の気持ちを表しても心の中では

こんな資料なら誰だって作れるのに。なんでこんなこと言われるの?裏で冷やかされてんのかな。。

 

褒められているのに、自分の中で素直に受け入れられず、心の中でマイナスなことばかりを考えてしまうことです。自分を低く評価していたり、真面目で努力家な方に多く見られます。上には上がいるので、その人達から見たらまだまだ努力が足りない!けなされているだけなのかも…、と自分を叱責してしまいがちになるのです。

 

言葉を受け入れる余裕

ハート

受け入れる行為は、この考えの方には最初は難しく感じるかもしれません。でも受け入れることで、今まで自分を叱責しまいがちであった心の固さが柔らかくなることがあります。そうすることで、心の内にあるマイナス化思考が薄れていきます。

感謝の気持ちを受け入れる魔法の言葉については、以前のブログにも書いています。

詳しくはコチラ>>感謝の気持ちを身にまとい、何事も受け入れる|キャリコンつぶやきごとvol.9

 

 

最後に

マイナスに考え始めると、底なし沼のようにマイナスなことで頭の中がいっぱいになり、周りからの何気ない言葉や行動さえも拒否反応を示してしまいがちです。自分にとってポジティブなこと、良いことがあれば素直に受け入れる心の余裕さを持つことで、マイナス化思考が緩んでいきます。また素直に受け入れることで、自分に自信がつくようになります。するといつしか自然にポジティブなことが溢れていることに気づいていきますよ。

 





【年末年始特別限定企画】個別キャリアカウンセリングのお知らせ
今回は、普段慌ただしく仕事に励んでいる方に、ゆっくりできる年末年始に、自分自身を見つめなおし振り返ることで、2018年を自信を持ってスタートを切るための「気づき」を得てもらいたい!そんな思いを込めた年末年始限定企画のご案内です。 詳しくはコチラ

岡本 陽子

作成者: 岡本 陽子

ココロとカラダも健やかに翔けていけるキャリア支援をおこなう中小企業向けキャリアコンサルタント。広告業界時代に培った経営者から新卒1年目まで200社3000名を超えるキャリアビジョンヒアリング 経験を活かし、現在はスタッフが健やかに働くためのキャリア支援をおこなう。採用時から変わらない期待値を持ち続け、安定したパフォーマンスを発揮するために必要なやるべきこと、自身の価値の活かし方とは何かに「気づく」ことをサポートしています。その多くの「気づき」こそが、自発的に考え行動できるパフォーマンスの高いスタッフが集まる組織に変化していく原点です。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA