キャリアカウンセリング、キャリア面談、キャリア研修・セミナー開催|就職・転職の他、働く上で必要な働きがいを支援|仕事・人間関係・働き方の悩み相談キャリア専門家

上司との人間関係にお悩みの方のための人事相談事例

| 0件のコメント

上司と部下

入社前後での理想と現実、採用後のギャップなどよくあります。社内環境が自分に本当にマッチしているか、社内の人間関係は入ってみないとわからないことです。転職前は、次こそ失敗しない企業選びをするぞ!と意気込み、自身の力量が活きるやりがいある仕事先を求めていきます。様々な求人情報の中から、自身の適性と会社の特性、将来性などに期待して入社します。でもいつの頃からか「ちょっと自分とは方向性が違う」そんなことを思った経験はありませんか?

様々な上司との関係性についての悩みがある中で、今回のテーマは「入社後にわかる考え方のギャップ」について、一つの事例をもとにギャップの原因と対策についてまとめています。

 

仕事のやりがいポイントは同じ部署内でも一人ひとり異なる

ガッツポーズ

自身がやりたいことと、企業の考えている方向性が同じだと感じて入社したけれど、なぜ3ヶ月、半年もすると上司の考え方に違和感を感じるようになってしまうのだろう…。その原因の一つとして、会社に入社した理由、仕事のやりがいを感じるポイントが上司とあなたでは異なるからです。

求人情報には、企業のありとあらゆる情報が詰め込まれています。それは仕事内容や勤務条件だけではなく、先輩のインタビュー記事、企業理念や社会貢献などです。他者との差別化を図るために、零細企業であれば、大手企業にはできない小規模法人だからできること、目指していることなどの想いがぎっしり描かれています。

企業の特徴も人の特徴と似ていて、良い部分もあれば悪い部分もあります。人間であれば、良い特徴はある程度誰もが認識している共通のものとして見られます。だから「あの人は誰にでも優しく気遣いできる人だね」と言えば、周りも共感することが多いですよね。

 

でも企業の良い特徴という捉え方は、同じ部署、同期入社であっても異なることがあります

 

例えば、上司は「成果に対して正当な報酬制度がある」という報酬制度が良い特徴、やりがいを感じるポイントでも、ある部下は「仕事に取り組むことで未来の子どもの成長につながっている」という企業理念やミッションが、やりがいを感じるポイントだったりするのです。

 

方向性が違うと思う原因は○○の減少

クエスチョン

仕事のやりがいポイントは、上司・部下共にどちらも間違っておらず、どちらも正しいです。でも人の性格や良い特徴はみんな同じように思うと考えるように、仕事のやりがいポイントも同じだと考えてしまうのです。

 

営業職を選んでいるなら、何といっても報酬制度が魅力だろう

 

このように上司のやりがいポイントと部下のやりがいポイントのズレを認識せずに、上司は自分のやりがいポイントを中心として会話をしがちです。これでは部下にモチベーションを上げさせようとしても、部下は違和感にしか感じません。

 

採用前は様々な仕事のやりがいポイントを見せてくれていた企業が、実践現場では上司のやりがいポイントを中心とした朝礼になってしまうことが多いのです。何となく方向性が違う…、と感じる原因は、このやりがいポイントの魅せ方が急に減少されてしまうことにあります。

 

ギャップを埋めていくためにするたった一つのこと

コーヒー

部下であるあなたは、上司との面談をおこなう中で、今あるギャップや違和感を埋めていくことができます。

それは、あなたの仕事のやりがいポイントをきちんと上司に伝えることです。

伝えることで、怒られたり反対されることはありません。だって、あなたの仕事のやりがいポイントは会社の特徴の一つだからです。それに、売上を報酬としての短期目標として考えているのか、売上を社会貢献するために必要な過程と考えているのか、で全く捉え方が違います。

 

  • 目標という捉え方
  • 過程という捉え方

その違いに気づいてもらうだけで、今後上司からのモチベーションの上げ方、話し方に変化がきっとあらわれます。

 

最近、上司との人間関係に悩んでいる、方向性が違うと考えている方は、ぜひ一度試してみてくださいね!

 

★上司との人間関係が改善されない方へ。言いたいことが言えない、伝わらないを解消するきっかけ・気づきを提供するキャリアカウンセリングを受けてみませんか?

仕事の悩み相談したい方へ|キャリアカウンセリングで自分の可能性を発見する

 

オススメの関連記事

職場内の苦手な上司や同僚からの褒め言葉に疑心を抱かない自分に自信をつける方法

良かれと思ったことが不快感を与えてしまう原因とは

多様性の誤解。何でも違いを受け入れることではない、本来の多様性の定義とは?

上司と部下の価値観・考え方の違いはなぜ無くならないのか?

相手の考えに共感できない時の対処法






SOARist|株式会社fanfare キャリアコンサルタント岡本陽子

投稿者: SOARist|株式会社fanfare キャリアコンサルタント岡本陽子

納得感ある仕事人生(キャリア)を築くための「働く気持ちの体力を回復し、働く気持ちのリズムを整えていく時間」を提供するキャリアコンサルタント|オンライン相談付きキャリア手帳考案者

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


ホームページプロフィールサービスメニュー企業内キャリアコンサルティング事例実績セミナー・イベント情報お問い合わせブログ