スタッフの期待値を10%取り戻す企業内キャリアコンサルティングを提供しています

企業内キャリアコンサルティング

 

教育やメンタルについてわざわざ外部に頼む必要性は感じていないかもしれません。でも一方で、違った角度からの改善点を知りたいとも感じていませんか?

色んな方法論を言ってもダメで、採用時は100%だった期待値も下がり、変化のない環境に頭打ちしている。夢は「お客様からもスタッフからも満足される会社」。でもこのままだと何年先になるかわからない…。

そう感じている経営者はあなただけではありません。SOARistではそんな経営者にスタッフの期待値を10%取り戻すキャリアコンサルティングを提供しています。スタッフを信じて採用し未来を描いた経営者に是非知って頂きたい制度です。

 

このようなことでお悩みの経営者の方に

  • 期待していたスタッフの価値が落ちてきていると感じている
  • 70%くらいしか本来の力を出していない気がする
  • 採用時の見る目がなかったのかと自分の判断力の無さを感じている
  • ヒトに係る悩みを少しでもスッキリしたい
  • 何か社内環境に変化を起こしたいと考えている
  • 本当に求めている人材だけが応募してくる求人募集をしたい
  • スタッフにはもっと自発的に考えて仕事をしてほしい
  • 採用能力、判断が間違っていなかったと再認識したい

そんなお悩みを、企業内キャリアコンサルタントが経営者とスタッフの間に立ち、第3者視点で社内関係のバランスを整え、企業としての基本軸を強めていきます。

 

活用されたクライアント様のお声

期待して採用したスタッフの価値が下がってきていると感じていませんか?あなたと同じように、期待値が下がってきたと悩んでいた経営者が、企業内キャリアコンサルタント制度を導入して、今ではスタッフの強みや特徴を活かして、社内では本音を上手く言い合える環境になり業務効率が上がったと言っています。

  • 小規模小規模の事業所なので、一度溝ができたらマズいと思いながら綱渡りをするような感覚で慎重にまた度が過ぎるほどスタッフに気を遣っていたが、第3者のキャリコンの存在がいるだけで、社内に新しい係わり方が増えて何だか肩の力が緩んで社内も本音を上手く言い合える関係性になっている(不動産業/5名以下の事業所/経営者)
  • いつ離職されるかヒヤヒヤしていながらつかず離れずの環境だった社内が、今は同じ目標に向かって前進しているように思える。昔は自分と同じ考えでないと苛立っていたが、今はそれぞれの考えや価値観を認識しながら、個々の特徴や活かし方が上手くできるようになってきた(サービス業/15名以下の事業所/経営者)
  • スタッフ目線に合わせて話してくれるので、スタッフに上手く伝わりやすいし、スタッフも腑に落ちやすい(美容業/10名)

 

企業内キャリアコンサルティング制度とは

パートナー型キャリアコンサルタントとは?

現在の社内関係に、第3者のキャリアコンサルタントが加わることで、新たな関係性が生まれ社内の不安定だったバランスが整うことができます。また、これまでわからなかったスタッフの強みや特徴に気づくことにより、今後の考え方・動き方に変化が起きます。

またスタッフには個人の働き方とその人生、そして組織との係わり方について支援をおこなうことで、どう考え、何をすべきかが明確になるので、少しのストレスも楽しみながら仕事をこなしていくことができます

 

企業内キャリアコンサルティングで生産性が高まる理由

心理学者ジョセフ・ルフトとハリー・インガムが提唱した対人関係における気づきのグラフモデル「ジョハリの窓」を用いて、経営者とスタッフの関係性を考えていきます。スタッフの強みや特徴を活かしきれていない、または採用時に比べて期待値が下がってきたスタッフを抱えている経営者向けに、社内コミュニケーションのヒントとして。

 

自分から見た自分の認識と、他人から見た自分の認識レベルを4つの窓に分類することによって、自己理解を深めていく手法です。

【1.解放の窓】自分も他人も知っている自己

【2.盲点の窓】自分は気づいていないが、他人は知っている自己

【3.秘密の窓】自分は知っているが、他人は気づいていない自己

【4.未知の窓】誰からもまだ知られていない自己

 

解放の窓を拡げることで自発的に動けるスタッフが育つ

解放の窓を拡げていくことを心がけることで、企業キャリア(社内体制強化)×スタッフキャリア(個人の組織との係わり方)を共に育むことができます。社内体制を強める、深めるために、今いるスタッフの解放の窓が何%なのか、100%に持っていくにはどうすべきか考えてみませんか?

 

企業内キャリアコンサルティング事例

企業内キャリアコンサルティング事例 vol.1

◇勤務している業界 :サービス業

◇クライアント: 30代前半 入社3年目 男性

◇面談の経緯

セルフ・キャリアドック制度を活用した定期的なキャリアコンサルティングを実施している企業先にて。

◇面談時の問題や悩み

昔の夢を諦めきれておらず、今の仕事の将来を不安視している。このまま今の仕事を続けるのか、夢に再チャレンジするのか葛藤しつつ年月だけが過ぎていくことに不甲斐なさを感じている

◇面談後の変化

今、自分にできることは何かを自問自答することにより、自分の持ち味を活かした仕事の進め方がわかり、現状の仕事は自分の適した職務だったと再認識できた。

 

企業内キャリアコンサルティング事例 vol.2

勤務している業界 :広告業界

クライアント: 20代後半 入社6年目 男性

面談の経緯

キャリアコンサルティングを定期的に実施していくことにした企業先にて初めての面談。

面談時の問題や悩み

いつも上司から怒られてしまうことで悩んでいる。仕事は好きだけど30歳になっても怒られる日々を考えると、ストレスとなり今後の在り方を思い悩んでいる。

面談後の変化

自分は期待されていたのだと気づいた。上司の見え方が変わってきた。

 

企業内キャリアコンサルティング事例 vol.3

勤務している業界 :美容業界

クライアント: 30代前半 入社8年目 女性(子育て中のママ)

面談の経緯

企業内キャリアカウンセリング制度導入サロンによる定期的なキャリアカウンセリング

面談時の問題や悩み

仕事と子育ての両立に悩んでいる。何でも自分でやらないと気が済まない完璧主義が身体も精神面にも負担が押しかかってきている。

面談後の変化

一人で抱え込まないこと、周りに頼ることで精神的に余裕ができ、考えの幅も広がり固定概念が無くなった

 

厚生労働省の助成金活用で初回は実質0円に!

とは言ってもすぐに導入には不安…、という企業も多いです。そこで、厚生労働省がおこなっている人材開発支援助成金を活用しながらおこなうと、実質初回の費用は0円になります。

人材開発支援助成金とは、中小企業の事業主が継続して人材育成に取り組むために、以下のいずれかの人材育成制度を新たに導入し、その制度に基づき被保険者に実施した場合に、一定額を助成する制度です。

※活用するには一定の条件があります。

 

費用について

このたび、SOARistは10月で1年を迎えました。日ごろの感謝の気持ちを込めまして1周年特別企画として、モニター企業を募集しております。10月にお問合せ・お申込みの企業に限り、下記のモニター価格にてご提供致します。

10月モニター企業価格【3社限定】

企業内キャリアコンサルティング制度(1事業所5名まで) 3ヶ月プラン 300,000円→モニター価格 100,000円

※価格は全て税別価格です。

 

お問合せ

お問合せは下記よりお問合せ下さい。追ってご連絡させて頂きます。

お申込み・お問合せはコチラ