企業キャリア×スタッフ(個人)キャリアを共に育む

企業内キャリアコンサルティング


教育やメンタルについてわざわざ外部に頼む必要性は感じていないでしょう。でも一方で、違った角度からの改善点を知りたいとも感じていませんか?

現在の社内関係に、第3者のキャリアコンサルタントが加わることで、新たな関係性が生まれ社内の不安定だったバランスが整うことができます。また、これまでわからなかったスタッフの強みや特徴に気づくことにより、今後の考え方・動き方に変化が起きます。

 

【参考ブログ】

  • 企業内キャリアコンサルティンング制度とは→詳しくはコチラ
  • スタッフの強みや特徴に気づく企業内キャリアカウンセリングで生産性が高まる理由→詳しくはコチラ
  • 仕事は我慢や忍耐ではなく、満足でありたい|20代からの自分らしいキャリアの築き方→詳しくはコチラ

 

以下は企業内キャリアコンサルティング制度を導入された企業、スタッフの方の企業内キャリアカウンセリングの事例になります。年齢、性別、家族関係により個々のキャリア支援は異なりますが同じ年代の方や同じ境遇の方のキャリアデザインを参考にしながら、自分でやりたいコト、できるコト、したいコトを整理するきっかけになればと思います。

※クライアント企業、ご本人様のご了承を経て掲載させて頂いております。

20代男性のキャリアデザイン

スーツ ジャケット

  1. いつも上司から怒られてしまうことで悩んでいる。仕事は好きだけど30歳になっても怒られる日々を考えると、ストレスとなり今後の在り方を思い悩んでいる。キーワードは「よく怒られる人は期待されているということ」→詳しくはコチラ

 

 

30代男性のキャリアデザイン

仕事

  1. 昔の夢を諦めきれておらず、今の仕事の将来を不安視している。このまま今の仕事を続けるのか、夢に再チャレンジするのか葛藤しつつ年月だけが過ぎていくことに不甲斐なさを感じている。「夢と現実の狭間で」→詳しくはコチラ

 

30代女性のキャリアデザイン

赤ちゃん 笑顔

  1. 仕事と子育ての両立に悩んでいる。何でも自分でやらないと気が済まない完璧主義が身体も精神面にも負担が押しかかってきている。キーワードは「無理している人はそれだけ周りの期待に応えたい気持ちが強いということ」→詳しくはコチラ